SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > 私たちが考えていること > マイノリティと健康 > [マイノリティと健康vol.4] 「マイノリティと健康」に思うところ

スタッフ日記 現場の声を毎日配信

[マイノリティと健康vol.4] 「マイノリティと健康」に思うところ

20140304event.jpg

「マイノリティと健康」に思うところ


20150409.jpg20代にはいろいろな悩みがあり、何かの解決のきっかけを求めてあちこちに出向き、逆に考えることも増えて困ったが、縁も増えて、そんな縁からいろいろなNGOの活動に関わらせていただくこととなった。

シェアの『在日外国人のための健康相談会』に参加するようになったのは、その直前の1年間の米国生活で多くの人にお世話になったご縁を、日本にいる外国人に恩返ししたいと思ったからだった。医療系学生ということで、他NGOからシェアを紹介されて、参加するようになった。

途中、転勤やら何やらで参加しなかった時期もあったが、都合がつく限りでは参加して、もう20年近くになる。在日外国人の健康問題の裏には様々な問題が潜んでおり、背景をさぐりつつどのように健康増進に結び付けていけるのか、考えたりしてきた。

当初は、外国人の集まる場に対してアプローチし、開拓していく形で相談会を開催してきた。しかし、通院などに関わるアフターフォローが難しいことから、外国人と関係するコミュニティをカウンターパートとして開催する形となり、概ね定期的に開催する形と変更された。

この背景には、日本における在日外国人のあり方が大きく変わってきていることもある。東京都知事であった石原慎太郎氏が 2003年に発表した『首都東京における不法滞在外国人対策の強化に関する共同宣言』以降、外国人には住みにくい国となってきたこと、また、日本の景気が下落したことにより就労目的で来日する外国人が減ったことなど、環境は変化してきた。

そして今や、「数年で帰国する人」もしくは「年に数回帰国しては戻ってくる人」であった『在日外国人のための健康相談会』の対象者は、「もともと外国で生まれ育った、何等かの理由で、日本社会で生きにくい、日本に定住している人」となってきている。

つまり、「在日外国人の健康問題」と言うのはセンセーショナルな言い方ではあるが、そこに何かしらの問題があるということは、根本的には、「普遍的かつ恒常的に平等であるべき"普通の"地域保健がきちんと展開されていない」ことを示すだけであって、「在日外国人」に限った話ではない。

このような意識は、東日本大震災後の防災対策においても共有されるようになってきた。災害時要援護者(要配慮者)という言葉が一般化してきて、それら「災害の時に何かしら配慮が必要な人」の具体例の中に、『言葉や文化・風習という違いへの配慮が必要である』ということで、在日外国人が含まれると提示されることが増え、多くの方が認識するようになったのではないかと考えている。

健康問題を抱える人に、外国人だろうとなんだろうと、違いはない。皆、何かしらの問題点を、健康問題の背景に持っている。多少の形が違うだけで、マイノリティの健康問題の根底は、何か同じところにあるようにも感じている。

多分それは、機会と知識の欠如なのではないかと思う。だからこそ、その不均衡を是正したくて、僕たちは何かをしている。『している』なんていうのはおこがましく、実際は何もできていない。この不均衡は納得できないので何とかしたいと思いつつ、結果的に何もできていない罪悪感を抱えながらも、せめて関わり続けるということをしているだけに近い。 いつか、みんなが平等に機会や知識を得られるような、そんな仕組みのある国になって欲しい。共同体は、助け合いの組織であり、それが大きくなったものが国のはず。

しかし、仕組みをつくるだけでは動かないので、共に歩む人も必要。皆が共に歩む人となり、共に助け合う人となれるように、周りからの下支えのサポートと、困ったときの駆け込み寺をしていければいいな、と思っている。

2015年3月31日

nakakuki.jpg中久木 康一
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面外科学分野助教、新宿連絡会医療班。歯科医師。1996年~シェア、1998年~新宿連絡会医療班に参加。その他、「医療に おけるマイノリティ」への支援を行っている。2011年~女川歯科保健チーム。

DVD:第29回日本国際保健医療学会 東日本地方会「マイノリティと健康 いのちの格差をどう縮めていくか」

dvd.jpg2014年5月24日に国立国際医療研究センター(東京)で行われた、第29回日本国際保健医療学会東日本地方会「マイノリティと健康 -いのちの格差をどう縮めていくか-」の記録DVDです。6枚組みでの販売です。

<1巻>
Disc.1:開会式、基調講演、全体会
Disc.2:ホームレス
<2巻>
Disc.3:難民
Disc.4:在日外国人
<3巻>
Disc.5:HIV/AIDSとセクシャルマイノリティ
Disc.6:発達障害者

価格(税込): 4,320 円

購入: オンラインショップ

寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
  • 保健医療支援をお願いします

  • 継続した支援が必要です

  • 本が寄付になる

  • 皆で集めて寄付!