SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > シェアの活動 > COVID-19 > 新型コロナウイルス(COVID-19)影響下におけるシェアの活動

新型コロナウイルス(COVID-19)影響下におけるシェアの活動

covid_share_banner.jpg

コロナ禍の制約の中でも、SHAREは人々のいのちを支えています。
--------------------------------------------------------------
新型コロナウィルスの感染が世界中に今も広まり、
長期的な対策の必要性が唱えられる中、
手洗いやうがいなど、基本的な感染予防の大切さが改めて注目されています。
--------------------------------------------------------------

シェアは、「Health for All!すべての人に健康を!」を基本理念とし、1983年の発足時より感染症から身体を守ることや栄養不良を改善することによって、人々が健康に暮らせるように支援を行っています。

2020年に世界的に広がった新型コロナウイルスの感染拡大を前に、私たちは改めて36年間を通して続けてきた、「病気の予防教育」と、「保健人材の育成」の重要性を確信しています。

感染拡大が始まった当初は、各国の政府の方針に従い、外出・移動の制限、集会の禁止によって、シェアは地域保健や母子保健、医療通訳派遣などの活動を縮小しました。 しかしながら、人々の命を守るこれらの活動はいかなる時も止めることはできず、また止めてはならないとの方針のもと、今できることは何かを問い続けてきました。

海外の現場では、スタッフや住民、関係者の感染予防に細心の注意を払いながら、関係機関との連絡調整とともに、保健省などの協力機関が実施する新型コロナウイルス感染症対策への協力を続けています。感染は一時期に比べ落ち着いてきていますが、各国の傾向を見ても、新型コロナウイルスは長期的な対応が必要になります。シェアは段階的に通常の活動に戻しながら、感染症予防のための保健教育を含めた地域保健活動を継続しています。

日本では外国人患者が言葉の壁を感じることなく安心して病院にかかれるよう医療通訳の派遣を、感染防止のために対面をさけ、電話による通訳によって続けています。また、母国語による新型コロナウイルス関連情報も、3月以降続けています。

シェアが従来より行っている活動は、今回の新型コロナを含む感染症対策です。

ぜひ、シェアの活動をご支援ください。

btn_cov_6002.jpg


東ティモール:首都ディリ県

--------------------------------------------------------------
新型コロナウイルスと共に、変化の激しいの6ヶ月(2020.09)
--------------------------------------------------------------
東ティモールではこの半年、4~6月の約3ヶ月、8~9月の約2ヶ月、政府が非常事態宣言を発令しています。1回目の宣言では、国民の集会や移動の制限も含む厳しい内容で、当会の活動も一部縮小したり、新型コロナウイルスに対応した活動をしたり、現地で活動を継続しました。2回目は国外からの入国者への検疫隔離の強化を目的とした水際対策です。日本から東ティモールに渡航できずにいたヘルスコーディネーターの柿本さんも、世界食糧計画(WFP)によるチャーター便を利用し、無事に現地に赴くことができました。

cov_tl_20200929_1.jpg
写真(左):「保健の船」の陸揚げと掃除(アタウロ)
写真(右):東ティモールに戻った柿本さんと活動計画の見直し(ディリ)

シェア東ティモールでは、感染状況や非常事態宣言などの状況に応じて活動範囲を判断する基準を作成し、それを保健局とも共有して、活動を継続することができました。当初、現地スタッフも在宅勤務と事務所勤務を組み合わせていましたが、現在では完全に事務所勤務に戻っています。また活動もほぼ通常に戻っています。特にヘルスポストや村レベルの予防接種サービスや移動診療・健診に関わる現場レベルの細かな業務の改善、船舶維持管理研修に向けた準備、活動計画の見直しなど行っています。

cov_tl_20200929_2.jpg
写真(左):保健センター長と予防接種台帳から漏れた子どもを確認(メティナロ)
写真(右):小学校での集団予防接種で台帳の付け方を指導(メティナロ)

【2020年10月更新】



--------------------------------------------------------------
草の根で動くNGOの新型コロナウイルス感染予防活動(2020.07)
--------------------------------------------------------------
東ティモールでは4月24日に新規感染例が報告されてから8月4日まで、約3ヶ月以上も新規感染が出ていませんでした。この間シェアは、現地保健省と協力して、住民への予防啓発や、小学校に設置する手洗い設備の状況調査などを行いました。

cov_TL_07_01.jpg
写真(左):保健局と小学校の手洗い設備の状況調査
写真(右):保健局による医療スタッフ向けの新型コロナ対応等の説明会(アタウロ)

住民の生活の中で必要な、草の根の活動を着実に行ってきました。6月末まで非常事態宣言は発令されていましたが、新規感染が抑えられていること、市中感染が無いことから、保健省や保健局からの要請には感染予防に努めながら必要最低人数での協力、また資金提供を行いました。

cov_TL_07_02.jpg
写真(左):シェアの船で医薬品を運搬(アタウロ)
写真(右):保健省が住民にポスター配布(アタウロ)

【2020年9月更新】



--------------------------------------------------------------
シェアのプロジェクトでの経験を活かし、
住民自ら、地域の感染予防に動き出す!(2020.05)
--------------------------------------------------------------
首都ディリの離島にあるアタウロ島で、唯一常駐をしているNGOシェアへは各方面からの支援要請が続いています。

例えば、次のような活動を行っています。
-アタウロ郡長とアタウロ郡保健センター長の要請により、警察と一緒に新型コロナウイルス感染予防のため住民周知への車両や船舶の貸出しと人員の派遣
-蚊を媒介するデング熱が流行しているためその対策で車両と保健教育支援を継続
-安全な水へのアクセスが乏しい地域での簡易手洗い場設置

首都ディリの僻地にあるメティナロ郡ではシェアが以前行っていた学校保健プロジェクトで育成した人材が、県保健局職員と一緒に簡易手洗い場(Tippy Tap)を郡庁前等に設置。
これにより地域住民が手を洗えるようになっています。

TL_pic1.jpg
写真(左):店舗前に設置された手洗い場
写真(右):簡易手洗い場の設置を説明するシェアスタッフ

TL_pic2.jpg
写真(左):村人が作った手洗い場
写真(右):村の掲示板にポスターを貼るシェアスタッフ



カンボジア:プレアビヒア州

--------------------------------------------------------------
通常に戻りつつある活動(2020.09)
--------------------------------------------------------------
カンボジアでは、現地での新型コロナウイルス感染報告はほぼなく、乳幼児健診や離乳食教室が通常のかたちで実施されています。(現地での新型コロナウイルスの活動については、カンボジアのSUN CSA(Scaling Up Nutrition Civil Society Alliance)の報告書にも取り上げていただきました。

cov_cb_20200929_1.jpg
写真(左):乳幼児健診の様子
写真(右):低体重児のマッピング

8月には、新型コロナウイルスよりもチクングニア熱が猛威を振るうという事態をうけて、シェアも保健省とともに啓発活動の広報に協力しました。
村の住民の様子からは、新型コロナウイルスに対する脅威は感じられませんが、保健センターやボランティア会議では、以前の会議の様子とは異なり、マスクを着用しての参加の様子が見られるようになりました。

cov_cb_20200929_2.jpg
写真(左):テクニカルワーキンググループでの会議
写真(右):保健ボランティア会議

【2020年10月更新】



--------------------------------------------------------------
新型コロナウイルス感染予防対策を講じての活動再開へ(2020.07)
--------------------------------------------------------------
カンボジアでは、5月以降から海外からの帰国者の感染例は確認されるものの、国内での感染者はほぼ発生せず、6月下旬から段階的に会議などの集会も認められるようになりました。シェアでも延期になっていた会議や乳幼児健診や離乳食教室も徐々に再開をし始めました。

cov_cb_07_1.jpg
写真(左):マスクを着用して会議に参加する様子
写真(右):段階的に保健教育も開始

現地の退避勧告の発令により、日本人スタッフも一時帰国をせざるを得ないという状況下の中でも、現地スタッフが中心となり、会議や乳幼児健診時のアルコール消毒の徹底・マスクの着用での感染予防対策を講じて活動再開へと動き出しました。

cov_cb_07_2.jpg
写真(左):乳幼児健診前のアルコール消毒の様子
写真(右):乳幼児健診で使用する機材を消毒して準備

【2020年9月更新】



--------------------------------------------------------------
シェアから保健ボランティアに、そして保健ボランティアからお母さんに、
新型コロナウイルスから子どもを守るための正しい知識が伝わる!(2020.05)
--------------------------------------------------------------
4人に1人の2歳未満児が慢性的な低栄養児であり、予防できる病気で命を落とす危険にさらされているプレアビヒア州でも、新型コロナウイルスの脅威は広がりを見せています。
シェアは、子どもたちの栄養改善とともに次のような活動を続けています。

―新型コロナウイルス関連情報、世界の感染状況の情報をカウンターパートと共有(1月)。
―保健省が作成した新型コロナウイルス感染症と予防のパンフレット(1500冊)をシェアが印刷し配布(2月)。
―新型コロナウイルス感染症と予防について約140名の保健ボランティアに保健教育を行った(2月)。
―コミュニティを巡回し保健教育を実施。「低栄養や栄養失調が低い免疫力の状態をつくるため、新型コロナウイルス大流行に備え子どもたちに栄養をしっかりとらせ感染症を予防する」ことを視覚教材も活用して伝えた。
―事務所所在地区の保健センターからの要請でマスク、石鹸等の衛生用品の支援。

CB_pic1.jpg
写真(左):コロナウイルス_注意喚起
写真(右):新型コロナウイルス感染症のリーフレット

CB_pic2.jpg
写真(左)(右):カンボジア 保健センターに対する物資支援
※配布対象保健センター(HC):クーレンHC、タコンHC (事業地管轄HC)、バリボーHC (事業地管轄HC)、チャムロンHC (事業地管轄HC)、レナクセHC (事業地管轄HC)



日本国内:

--------------------------------------------------------------
新型コロナウイルスの不安を解消する第一歩は正しい情報から!
日本に住む外国人に必要な情報を届ける。(2020.05)
--------------------------------------------------------------
日本に住む外国人にとって新型コロナウイルス感染症に関する十分な情報が不足しています。
SHAREは日本語を母語としない在日外国人に、正しい情報を届ける必要性を早くから感じ、次のような活動を行っています。

―3月より日本語の他、順次、英語、ベトナム語、ネパール語、ミャンマー語の新型コロナウイルス感染症関連情報の提供。
―外国人の妊婦へのケアの重要性から、厚労省の許可を得て、「新型コロナウイルス感染症対策~妊婦の方々へ~」を多言語に翻訳、SNSでの拡散。
―医療通訳者本人の感染リスクを避けるため、都と協議の上、対面通訳を避け電話による通訳で対応中(委託事業:東京都外国人結核患者治療服薬支援員(医療通訳)養成・派遣事業)。
―外国人や関係者からの保健医療関係の相談、問合せ対応。
「飛行機が欠航して母国での里帰り出産ができない」「妊婦健診を受けられない」「慢性疾患の薬が手に入らない」など新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた相談が続いています。


■多言語情報発信:
https://share.or.jp/health/knowledge/covid-19multi-language.html

■妊婦の方々へ多言語リープレット:
https://share.or.jp/english/news/for_pregnant_womencovid-19_countermeasures.html

JP_pic1.jpg
写真(左):COVID-19_多言語情報発信ページ
写真(右):COVID-19_妊婦の方々へ多言語リープレットページ



新型コロナウイルス(COVID-19)に関連したシェアの活動:寄付をする

クレジットカードでのお申し込み
寄付金額(1,000円以上から)を入力し、 手続き画面に進んでください。

*シェアは認定NPO法人です。皆さまからいただくご寄付は「寄付金控除」の対象となります。詳しくは「寄付控除のご案内」をご覧ください。
*現地の保健医療支援にいただいたご寄付の最大20%までを、支援活動を支えるための管理運営費に使わせていただきます。あらかじめご了承ください。

ご利用案内
シェア=国際保健協力市民の会へ協力いただきありがとうございます。この「ご利用案内」は当会ホームページ上でのクレジットカードでの入金のご利用方法、お申し込み上のご注意・条件を説明しております。お申し込みの前に必ずお読みください。

1.ご利用いただけるクレジットカードの種類
ご利用いただけるクレジットカードは「VISA」、「MasterCard」です。
 visa.gif   master.gif

2.決済方法
(1)お申し込みいただきました金額は、各カード会社との規約に基づいて通常のカードご利用と同様にご指定の口座より振替させていただきます。
(2)通常、お振替日はお申し込み日の翌月となりますが、各クレジットカード会社より送付される利用明細などでご確認ください。

3. 領収書の発行と寄付金控除
(1)誠に勝手ながら、各月の受領通知は、各クレジットカード会社から送付される利用明細への記載をもって代えさせていただきます。
(2)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会は認定NPO法人です。税制上の優遇措置が受けられますので、寄付金控除を希望される方は備考欄にご記入いただくか、別途シェア事務局までご連絡下さい。領収証をお送りします。なお、領収証発行日は、クレジットカード会社よりシェア=国際保健協力市民の会への入金日となりますのであらかじめご了承下さい。11月、12月にお申し込みされた募金に関しましては、入金が1月以降となる可能性が高いため、次の年の控除対象となりますのでご注意下さい。
※ 詳しくは「寄付控除のご案内」をご覧ください。

4.個人情報保護について
ご入力いただく個人情報は、事前承諾なしに、第三者へ開示されることはございません。個人情報の利用目的については、「個人情報保護について」をご覧下さい。

5. その他
(1)お申し込みにあたり入力されたすべての個人情報は、SSL方式により暗号化処理されます。
(2)お申し込みをお受けした際には、受付確認メールをお送りします。送り先はお申し込み時に入力されたEメールアドレス宛となります。メールが届かない場合はメールアドレスの入力ミスの可能性があります。その際は当会にご連絡ください。
(3)送信後にお申し込み内容のご変更や取り消しがある場合は下記お問い合わせ先までご連絡ください。

その他の寄付方法

※シェアは認定NPO法人です。皆さまからいただくご寄付は「寄付金控除」の対象となります。詳しくは「寄付控除のご案内」をご覧ください。

郵便振替の場合

口座番号:00100-1-132730

口座名:特定非営利活動法人シェア国際保健協力市民の会



銀行振込の場合
銀行からお振込いただく場合、下記の口座へお振込下さい。

【三菱UFJ銀行】

・銀行名:三菱UFJ銀行 春日町支店
・支店名:春日町支店
・口座種目及び口座番号:普通預金 0866524
・口座名義人:特定非営利活動法人シェア国際保健協力市民の会 代表理事 本田 徹

尚、当会のご寄付が初めての方で、領収書をご希望の方は、info@ Share.or.jpまでお名前、ご住所、電話番号をご記入の上ご連絡下さい。


寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
  • 保健医療支援をお願いします

  • 継続した支援が必要です

  • 皆で集めて寄付!

  • 古本が寄付になる!