SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > シェアの活動 > カンボジア > 活動計画と成果

活動計画と成果

カンボジア

2014年の成果

プロジェクト目標の達成へ、乳幼児健診活動の定着と栄養不良児の着実な減少
kh2014.jpg

郡保健局や各保健センターでは、会議が定期的に開催され問題解決に取り 組むことができるようになったことで、担当の業務や役割分担などチーム ワークが向上し、地域での健診活動や保健教育が積極的に行われるように なってきました。昨年に続き、プロジェクトで目標としている 65%を超 える 77%の村で乳幼児健診活動が行われています。栄養不良児の家庭訪 問や体重測定を行う保健センター・スタッフや保健ボランティアが増え、 栄養不良児率はプロジェクト開始時の 32.3%から 9.1%減少(目標 10% 減少)を達成しました。

写真:フォローアップのため栄養不良児の家を地図上 でマークする


2015年の活動計画

プロジェクト終了、地域の課題解決のための新プロジェクトの開始へ

9 月に終了する現在のプロジェクトでは、残されている課題解決に向けて3つの活動に重点的に取り組みます。 (1)栄養不良児の支援体制づくり、(2)保健センターと保健ボランティアによる包括的乳幼児健診活動の実施と運 営支援、(3)保健センターにおける離乳食レシピを用いた、乳幼児の適切な栄養に関する普及です。そして、プ ロジェクト評価調査を行い、活動の成果をまとめます。また、年内に開始予定の次の事業では、地域の人々と の連携をさらに強めながら、より困難な状況にある子どもたちの健康の向上をめざして事業形成を行います。



事業運営体制

運営体制
東京事業担当1名、カンボジア事務所調整員1名、プロジェクト・マネージャ1名、現地スタッフ13名、事業アドバイザー5名

予算規模
年間事業費 2,297万円

主要財源
JICA草の根技術協力事業(パートナー型)、連合・愛のカンパ、自治労神奈川県本部、WE21ジャパン(ひらつか、にのみや、厚木)、ヒューマンサポートネットワーク厚木、花王、積水ハウスマッチングプログラム、立正佼成会他



プロジェクトの進捗を報告します。ブログ「青空の下の乳幼児健診、私たちには守りたい命がある」

子どもたちの健康改善に取り組むカンボジアへの応援をお願いします。

寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
  • 保健医療支援をお願いします

  • 継続した支援が必要です

  • 本が寄付になる

  • 皆で集めて寄付!