SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > 団体情報 > 組織概要 > 本田徹 代表あいさつ

本田徹 代表あいさつ

代表本田徹あいさつ

シェアへようこそ

シェアは1983年に生まれた保健分野のNGOです。名づけ親は、当時JVC=日本国際ボランティアセンターの事務局長だった星野昌子さんで、インドシナ難民やエチオピアの旱魃(かんばつ)被災民の救援に深くかかわっていました。その痛切な経験から、彼女は、日本の市民社会から育ったNGOが、「南」と「北」の格差や不公正を縮め、両者を橋わたしし、すべての人のいのちが尊重され、健康に暮らせる世界を築くことに献身することを期待して、シェアという名を贈ってくれたのだと思います。
シェアの新しいマスコットである、二匹のウサギ、シェーちゃんとアーちゃんは、互いの長い耳をつないでいます。耳と耳を交わし、互いに傾聴し、世界や日本が直面する保健&医療・人権&福祉などの課題について、新しい知識や情報、価値観や方法論を双方向で伝えあい、共有していく。 そこから、21世紀の社会を具体的に変えていく力とリソースに、私たち自身がなっていきたいものです。皆さんの、盛んな応援と参加を歓迎し、心からお待ちしています。

本田徹 経歴

医師、台東区浅草病院。山谷・山友クリニック・ボランティア。シェア代表理事。

1947年 愛知県生まれ
1966年 東京都立小石川高等学校を卒業
1973年 北海道大学医学部卒、同大学病院小児科で研修
1974年 北海道市立小樽病院、小児科に勤務。社会保険中央総合病院、内科に勤務。
1977年 青年海外協力隊のボランティアとしてチュニジアに派遣
1977年 長野県厚生連佐久総合病内科勤務
1981年 チュニジア体験をまとめた「文明の十字路から」出版
1983年 東京都 日産厚生会玉川病院勤務
1984年 山谷地区の医療活動に参加し始める
1985年 エチオピア飢饉 緊急支援に参加
1988年 カンボジアでのRINEプロジェクト開始にあたり派遣。シェアの代表に就く。
1991年 タイ国マヒドン大学でプライマリ・ヘルス・ケアを学ぶ。
1993年 神奈川県港町診療所に勤務
1994年 ルワンダ難民支援に参加
1995年 1月末より阪神大震災医療活動に参加
1996年 東京都 堀切中央病院勤務(院長)
2000年 東ティモール緊急支援に参加
2008年 東京都 浅草病院勤務
2011年 東日本大震災緊急支援に参加
2012年 いわき市福島労災病院に勤務(週1回)
受賞:大山健康財団健康激励賞(2001)、第16回若月賞受賞(2007)、毎日社会福祉顕彰(2012)
twitter ブログ「Dr.本田徹のひとりごと」 hondainfo.jpg
*クリックで拡大表示できます


本田徹 著書、エッセイ

honda_book.jpg著作『文明の十字路から;医師のアラブ=チュニジア』
出版社:連合出版 (2012/06)
サイズ:単行本、 222ページ
価格:1,575円
購入:AMAZON
本田徹の世界保健紀行vol.1「もう一つのパレスチナから-子どものいのちを守るために」 本田徹の世界保健紀行vol.2「バイオエシックス(生命倫理)と医学・看護学教育」 本田徹の世界保健紀行vol.3「パレスチナの地で思ったこと、人間を絶望の淵に追い込まないことは強者の義務ではないのか」 本田徹の世界保健紀行vol.4「アフガニスタンでの医療倫理ワークショップ、看護や医の現場でいのちの大切さをもう一度見直すために」 リレーエッセイ「いのちを繋ぐ」「銀の滴降る降るまわりに・・」と梟神は語った 本田徹 日本のプライマリ・ヘルス・ケアのゆくえ ―21世紀の日本人が<納得のいく生>を作っていくために― 国難に瀕して ―犠牲となられたかたがたを悼み、支えあえの新しい世の中を作っていくために―


毎日社会福祉顕彰受賞記念スピーチ(2012年10月10日)


本田徹のひとりごと ブログスタッフ日記

第43回 海に向かっていのちの言葉を開く - 二人の「ケセン衆」にお会いするの巻 第42回 子どもの栄養失調問題と保健教育-デビッド・ワーナーが運んできた豊かな「種」 東ティモール日記 (第二回) 第41回 新版「文明の十字路から -  一医師のアラブ=チュニジア記」(連合出版刊)について:プライマリ・ヘルス・ケアを考える小さな本 第40回 デビッド・ワーナーさんからの、すてきな絵の贈り物 -1966年のオホヤ(Ajoya)クリニック 第39回 「飢餓陣営」2011年夏号 東ティモール日記 第38回 志のひと・清水陽一医師を送る-医療における優しさと厳しさをとことん追求した君に 第37回 日本哲学会の場で聴く「持続可能性」の思想-原発事故と大震災の中で働く哲学者たちの危機意識 第36回 「生きた 愛した 歌った」(きぼうのいえ刊) ‐山谷の俳人・いざわさわ男遺稿集に寄せて 第35回(3) 気仙沼からの報告(3)地域の人々の介護や生活を守る活動の先頭に立って - ケアマネジャー小松治さんの生き方 第35回(2) 気仙沼からの報告(2) 南三陸訪問看護ステーションのナースたちの勇気と献身 第35回(1) 気仙沼からの報告(1) コミュニティの健康調査 第34回 HIVの活動がつなぐ、ラオスとタイ2つの国の人びと-シェア・タイが新たに進もうとしている道 沖縄平和賞を受賞して   第33回 2本のスペイン映画に学ぶバイオエシックス ― ほろびに向かう<いのち>のいとおしさとよみがえり  第32回 この国のプライマリ・ヘルス・ケアのゆくえ ― 21世紀の日本人が<納得のいく生>を作っていくために 第31回 デビッド・ワーナーさんを日本に迎える:「人権としての健康」と社会的公正を求めて働いた半世紀 第30回 1年半ぶりに東ティモールに使いして ― 新たな課題と学びと挑戦と ― 第29回 溶けた鉛と溶けた正義 ― ガザで起きている悲劇とウリ・アヴネリの叡智 第28回 プライマリ・ヘルス・ケア30周年 ― 振り返りと21世紀の新たな課題に向かって(その2) 第27回 釘村千夜子さんと「ねんねこりん」のぬくもり ― 栗野美代子さんを囲む茶話会のご報告から 第26回 プライマリ・ヘルス・ケア30周年 ― 振り返りと21世紀の新たな課題に向かって(その1) 第25回 ホームレスを生きる人びとを支える ― アメリカとカナダでの見聞と杉江美子さんの仕事 第24回 北米#1:森川夫妻という生き方 ― 卓越したファミリィ・フィジシャン(家庭医)とカウンセラーへの道 第23回 君の名はプロヒモ(PROJIMO) メキシコの地域リハビリテーション(CBR)と今日の課題 第22回 第47回農村医学夏季大学講座若月賞受賞記念講演 途上国の医療・日本の医療―<いのち>を支え、はぐくむ働きを求めて 第21回 カンボジアへの旅 ― ゆかりの人びとをめぐるさまざまなお話 第20回 炎暑のジャララバードから ― アフガニスタンをこよなく愛する人たちの粘り強い志 第19回 キルトに篭めた思い ― カンボジアに運ばれる日本人の愛の手仕事 第18回 2007年 年頭のご挨拶 新教育基本法から見える21世紀日本の課題 第17回 開発教育ってなんだろう? ― 室靖先生追想を軸に 第16回 若月俊一先生への永訣の手紙 ― 善く生きることの師表であった人へ捧げる 第15回 東ティモールの明日を考える ― 試練の中であきらめない人々 第14回 ガザで起き、東ティモールで起きていること ― 子どもたちや住民を罰して問題を解決できるのか? 第13回 アルナとガーダとみずえ ― 3人の女たちの生と表現へのオマージュ 第12回 おかあさん、長い間ほんとうにありがとうございました 第11回 ケロの人々への温かく透徹したまなざし関野吉晴写真展に寄せて 第10回 Lisaへの感謝:詩人としての花と生とたたかいと 第09回 1年ぶりの東ティモール 「シコ君」は元気な小学生になっていた! 第08回 Divided World からOne Worldへ 第07回 教育の意味をみつめて 菅原民生先生、「数学のひろば」を覗かせてください 第06回 無国籍を生きる 陳天璽さんの「無国籍」(新潮社)を読んで 第05回 看護師のボランティアを考える:専門性と「人明かりの看護」とのはざまで揺れ、鍛えられる能力 第04回 戦争のかたち:イラク市民の「コラテラル」な死と「ボデイ・カウント」 第03回 ソクラテスの思い出 :「人は己れの知ることについてのみ智者なのだ」 第02回 自己表現としての保健教育:「メベンダゾールだぞ、おまえらを懲らしめてやる」 第01回 途上国ニッポン:「おかあちゃん、虫がぼくの口から出てきたよ」

English Cherishing Life, Primary Health Care and Footprints of SHARE -A story of how a Japanese health NGO has grown up over the past quarter century





寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
  • 保健医療支援をお願いします

  • 継続した支援が必要です

  • 本が寄付になる

  • 皆で集めて寄付!