SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > シェアが賛同すること > 《Covid-19:すべての人への公正な医療アクセスを求めるキャンペーン》

《Covid-19:すべての人への公正な医療アクセスを求めるキャンペーン》

Covid-19 アクセスキャンペーン.jpg

新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!
―途上国・新興国が求める医薬品特許の無効化 【最新情勢と市民社会の動きのご報告】

2020年12月16日に引き続いての報告会・講演会です。 なかなか理解するのが難しい問題ですが、この機会にご参加いただき、一緒に理解を深めていただければ幸いです。

国連が訴えるように、「地球上のすべての人が、新型コロナから安全にならなければ、誰一人の安全も保証されない」(No one is safe until everyone is.)、は大事なメッセージだと思います。

こうした先進国の争奪戦の中、世界人口の半数以上を占める途上国・新興国は、医薬品・ワクチンの確保に大きな不安と課題を抱えています。先進国のように製薬企業と事前契約を結ぶ財源もないばかりか、新型コロナ以前から存在するHIV/エイズやマラリア、その他感染症の対応に医療を含む国内の様々な資源を割かなければならないからです。

本日(2/17)、このキャンペーンを担っている、アフリカ日本協議会(AJF)、太平洋アジア資料センター(PARC)、国境なき医師団(MSF)の代表者たちが、外務省、経産省の関係者と話し合いを持ち、市民社会組織の賛同署名リストなどを提出するとともに、改めて、WTO(世界貿易機関)での、新型コロナワクチンなど特許権をめぐる協議の場で、日本政府が、「南の国々」からの一致した要請に理解を示すよう求める予定です。その結果なども、2月23日のウエビナーでご報告する予定です。


【日時】2021年2月23日(火・祝) 13:00~15:00

【場所】オンラインシステム「ZOOM」を使用

【参加費】無料

【詳細・申込】https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_Lqt5KX0xTn2pkAx7tZ0hMw

【プログラム】※予定

(1)WTOにおける知的財産権をめぐる議論の報告:
◆金杉詩子(国境なき医師団(MSF)日本)

(2)「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!」連絡会の活動―賛同署名の状況、日本政府との対話:
◆稲場雅紀((特活)アフリカ日本協議会 国際保健部門)

(3)世界に広がるキャンペーン・政策提言の最新報告:
◆内田聖子((特活)アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表)

(4)世界と日本の医療格差をつなげて考える
◆本田徹((特活)シェア国際保健協力市民の会 共同代表)

(5)質疑、討議
※知的財産権と医療・医薬品の問題について、WTOでの各国の動き、日本政府の意見等、素朴な疑問も含めてお出しください。

【主催】「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!」連絡会

【事務局】(特活)アフリカ日本協議会 国際保健部門(担当:稲場、廣内)
メール:ajf.globalhealth@gmail.com  関連情報:https://ajf.gr.jp/covid-19/

新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に! ―途上国・新興国が求める医薬品特許の無効化 【最新情勢と市民社会の動きのご報告】    https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_Lqt5KX0xTn2pkAx7tZ0hMw

12月16日開催、COVID19連絡会の学習会の動画へ移動
COVID19連絡会呼びかけ文:ダウンロード
Covid-19 に関わる技術に関する緊急の呼びかけ民衆保健運動(People's Health Movement)の声明:日本語・英語ダウンロード
要請書の文面:ダウンロード
登録フォームはこちら
※要請書への賛同団体を募集しています。要請書をご確認の上、登録フォームにご登録をお願いいたします。
寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
  • 保健医療支援をお願いします

  • 継続した支援が必要です

  • 皆で集めて寄付!

  • 古本が寄付になる!