SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > 企業・団体のみなさま > "いのちを守る"パートナー募集

"いのちを守る"パートナー募集

何かしたいという気持ちは一緒

途上国の人々の"いのちを守る"シェアの活動にご賛同いただいた企業の皆さまに、パートナーとしてプロジェクトに参加していただく制度です。タイ、カンボ ジア、東ティモールで、人々が健康に生きていくための取り組みに、御社も参加しませんか?
シェアはいのちを守る活動に参加いただくパートナー企業を募集しています。

企画書・申込用紙 "いのちを守る"パートナー募集のお知らせ

 

 

守りたいのは、いのち

世界には、わたしたちが救えるたくさんの"いのち"があります。

 
家族、パートナー、友達・・・。あなたにとって大切な人々を思い浮かべてください。その誰もがかけがえのない"いのち"だと思います。そして"いのち" の大切さに、国籍や性別、年齢、人種などは関係ないはずです。しかし現実は、生まれた国や環境によって"いのち"の格差が生まれています。 シェアが活動している南アフリカリンポポ州に、HIVに感染しているプリビリッジ君という男の子がいました。親をエイズで亡くし、おばの家に暮らしていた 彼は、満足な食事も与えられず、エイズの治療もできず、2005年10月、わずか12歳という若さであっという間に亡くなってしまいました。もし、彼が十 分な栄養を摂取できていたら、、、もし、彼が早くエイズ治療薬を飲むことができていたら、、、彼は今頃元気に学校に通い続けることができていたかもしれません。
今世界では、1分に一人の女性が妊娠や出産で命を落としています。また年間1000万人以上の5歳以下の子ども達が、予防や治療が可能な下痢や上気道感 染、結核、エイズなどの病気で亡くなっています。うち400万人は1歳の誕生日を迎えることもできません。約4000万人の人がHIV/AIDSとともに 暮らしていますが、薬を必要としている人の4人に一人しかエイズ治療薬を手にすることができていません。

 
人々が健やかに暮らしていくためには、一人一人が健康の大切さに気づき、自分自身で病気の予防ができるようになることがとても大切です。また同様に、病気 になってしまった人々が適切な医療やケアを受けられるような支援が提供されなければいけません。シェアはひとつでも多くの大切な"いのち"を守るために、 1983年の設立時より、各地で"いのち"を守る活動を続けてきました。
シェアはいのちを守る活動に参加いただくパートナー企業を募集しています。


御社のメリット

1. 企業価値を高める国際貢献ができます。

  • シェアを通して、途上国の人々の健康を守ることができます。
  • 相互に効果的な広報活動を行うことで、"いのち"の大切さを広く人々に伝えることができます。

  • 企業とNGOが協働で国際協力を推進していることを、日本の市民に対し広く伝える機会となります。CSR報告書への文書作成等もご相談下さい。

  • シェアの広報ツール(ロゴ、パンフレット、報告書)をご利用いただけます。

2. シェアのパートナー企業として、積極的に広報させていただきます。
  • シェアのHP「CSR:社会貢献」のページや、シェアの機関誌にご紹介をさせていただきます。

  • イベントにて告知ポスターやプログラムに企業名等を掲載させていただきます。

3. きめ細かな成果報告を行います。
  • 年一回、活動報告にお伺いします。また、必要に応じて活動成果をご報告します。

  • ご希望に応じて、御社の社員向け活動報告会等も実施します。

4. 支援国への視察旅行の手配・受け入れを行います。
  • 活動支援国の視察に、優先的に手配・受け入れを行わせていただきます。


パートナー企業

株式会社 コンジュトレードジャパン



    寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
    • 保健医療支援をお願いします

    • 継続した支援が必要です

    • 本が寄付になる

    • 皆で集めて寄付!