SHARE

(認定)特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会 シェアは、保健医療を中心として国際協力活動を行っている民間団体(NGO)です。

HOME > 数字で見る国際保健 > 高まるニーズを実感、結核患者療養支援

高まるニーズを実感、結核患者療養支援

治療可能な感染症、結核でいのちを落とす

世界人口66億のうち3分の1、22億人が結核菌の感染を既に受けていると言われています。毎年900万人が新たに感染し、200万人が結核で命を落としています。特に途上国では予防可能な成人死亡の4分の1近くは結核によるものという計算も出ています。

治療方法が確立されているはずの結核が多くの人の命を奪う原因には、医療アクセスの問題や治療継続サポートの不足があります。結核治療は、数種類の薬を最低6ヶ月間内服しなければ菌を取り除くことができません。ですが内服して1~2ヶ月経つと、咳や痰などの結核の症状がなくなるため患者は服薬を中断してしまいがちです。この中断により、多剤耐性菌という治療困難な結核菌を生み出してしまうことがあり、時として死につながるためとても危険です。また完治しないままでいることにより、周囲に感染を広げてしまう原因となります。適切な治療をすれば死に至る病気ではないため、いかに患者さんをサポートして6ヶ月間の治療を完了させるかが結核治療のポイントになります。

日本に存在する途上国なみの健康事情

2008_3.jpg

日本は先進国と比較して罹患率が高い結核中まん延国です。罹患率は大都市が高く、東京は大阪に続き2番目に高い地域です。シェアが行う在日外国人出張健康相談会での活動性結核罹患率は平均で321(人口10万人対)1で、日本の全体の罹患率20.6(同、2006年)の16倍という高い値です2。結核を患っている患者のほとんどが健康保険を持っておらず、このことは社会的弱者がそのまま健康上も弱者になっている可能性を意味しており、支援体制づくりが望まれます。

シェアは2006年1月より東京都が始めた外国人のための通訳派遣事業に東京都結核予防会と協力し、通訳養成研修と派遣業務を行ってきました。外国人結核患者が抱える共通の問題には、会話が困難であること、習慣の相違、結核に関する十分な知識がないこと、健康保険に未加入であることや超過滞在のケースもあり、これらのことが医療機関にアクセスしにくく、治療中断を起こしやすい要因となっています。受診の遅れによる重症化や感染拡大を防ぐことを目的に、外国人結核患者と医療側との円滑なコミュニケーションを促すべく通訳派遣を行っています。


1:私たちが必要性の高い人が参加できるように広報しているためであり外国人全体の結核罹患率がこれほど高いわけではありません。
2:シェア機関誌「Bon Partage No.138(2008年)」18ページより抜粋。日本の最新結核罹患率(厚生労働省2007年)は19.8と0.8減少している。


●通訳支援を依頼するまでの流れ
①患者が医療機関を受診。結核患者(結核疑いを含む)である場合、医療機関が保健所に届け出る。
②保健師が患者を訪問する際に通訳が必要と判断した場合、通訳の支援を依頼する。

●支援員派遣の流れ
①外国人結核患者が居住する地域の保健所が、東京都感染症対策課に支援員(医療通訳)派遣を依頼する。
 ※派遣先は、病院(入院病棟、外来)、保健所、患者自宅、患者所属先(勤務先、学校等)など。
②東京都が依頼内容を審査した後、シェアに派遣依頼をする。
③シェアが支援員、保健所に連絡し、派遣日時の調整を行う。
④支援員が保健師に同行し、言葉のやりとりのサポートを行う。
⑤派遣終了後、支援員が報告を行う。

支援員派遣の流れ(2008年時点) 2008_2.jpg
2008_1.jpg

療通訳は心をOPENにするコミュニケーション

医療通訳派遣の日、通訳さんは初めて患者さんに会います。患者さんは、初対面のまったく知らない人に自分の病気や個人的な事を話したくない、プライバシーは守られるのだろうか、信頼できる人なのか、などと緊張や不安を隠すことができません。通訳は、まず最初にそのような緊張を解きほぐすところから始まります。

HIV/AIDS在日外国人支援ネットワークで長年通訳に関わっているAさんは、その役割を次のように教えてくれました。「ただ言葉を日本語から患者さんの母国語に置き換えるのではなく、患者さんを見て、心を開くことができるような語り口調で、時にはスキンシップを交えながら話すようにしているの。母国にいた頃、治療法があることが分からなかったエイズを患った場合には落ち込み、心を閉ざしていることも。通訳で一番気をつけていることは、患者さんの心をOPENにすること」。明るいAさんの人柄もあるのでしょう、緊張でがちがちになっていた患者さんも医療通訳が終わる頃には打ち解けているそうです。

「言葉が通じない」、そのことにより誰にも相談できない状況に立たされている人がいるのです。心理的にも身体的にも不安を抱える人々の力に少しでもなることができたら・・・、同じ日本に住む私たちだからこそ、互いに助け合えるようになりたいですね。


シェア=国際保健協力市民の会「年次報告書2008」 掲載

プロジェクトの進捗を報告します。ブログ「"いのち"の格差をなくそう、在日外国人保健支援」

日本で暮らす在日外国人の健康を守るために応援をお願いします。

寄付・募金:シェアは認定NPOです。皆様からの寄付は控除の対象となります。
  • 保健医療支援をお願いします

  • 継続した支援が必要です

  • 本が寄付になる

  • 皆で集めて寄付!